2016年08月21日

リオデジャネイロ

リオ五輪の間我が家の居間に飾ってあるリオの水彩画。
遠くの丘の上にキリストの像が描かれてあります。
このリオは世界遺産としても登録されています。
山と海の間のカリオカの景観群、素晴らしい観光地です。
コルコバードの丘は標高710m,その丘に建つキリストの像は
39.6m,重さは実に635トンです。


  

Posted by ジョン at 08:38Comments(0)TrackBack(0)海外旅行

2011年04月01日

フイレンツエ(1)


町の東南にある丘、ミケランジェロ広場からの眺め。





ミケランジェロ広場にあるダビデ像のレプリカ。







アカデミア美術館前の同じくダビデ像のレプリカ。  1500年当初に制作された本物は


最初ここに設置されたが後にアカデミア美術館内に設置。

ピエタと並ぶミケランジェロの大作の1つであり、ルネッサンス時代を代表する作品です。






ベッキオ橋、アルノ川に架けたられた橋で14世紀に作り直された橋です。

橋は2層で、下は宝石商が並び、上は回廊。

当時メデイチ家の人々が雨の日に傘をささずに対岸の教会に行けるように架けた橋とか。







  

Posted by ジョン at 23:45Comments(0)TrackBack(0)海外旅行

2011年03月10日

ピサの斜塔

pisaはイタリア共和国トスカーナ州ピサ県の県都コムーネにあります。

ピサの斜塔の傾斜は5.5度です。


斜塔は8階建てで高さ55m, 階段数は296段。








ドウオモ広場にある大聖堂内のランプを下から撮影。


ガリレオガリレイが振り子の実験をしたと言われる、天上から長く垂れ下がった


ランプです。でもこのランプは噂であって確証は無いようです。










ドウオモ広場にある4つの建物のうちの1つ洗礼堂。   


ピサの斜塔は鐘楼、その横に有るのが大聖堂。






最後の建物の1つがカンポサント(墓所)







  

Posted by ジョン at 00:09Comments(4)TrackBack(0)海外旅行

2011年03月08日

モナコ

地中海の小国、モナコ。  人口32,000人、バチカンに次いで世界で二番目の小国。

右側後方が首都モンテカルロ。  豪華ヨットが並ぶモナコ港。







元首アルベルトⅡ世。







大公宮殿の衛兵。






大公宮殿反対側で警備の白バイ。





モナコと言えば、カジノ、F−1レース、各種ヨットレース、高級リゾート、グレース 


ケリーなどが有名ですが、この大聖堂はモナコ国民の信仰の拠り所である、モナコ大聖堂。












  

Posted by ジョン at 22:00Comments(0)TrackBack(0)海外旅行

2011年03月07日

マントンのレモン祭り

南仏のマントンのレモン祭り。





レモンとオレンジを何万個と使用して巨大なオブジェを制作。

レモン祭りが終わると、これらのレモン/オレンジは地元の方々に格安で販売されるとか。





今年のテーマは”Les Grandes Civilisations"(偉大な文明)







ゼオヴェス公園の中のオブジェです。







南欧の温暖な気候を反映してか、大変アットホームな雰囲気のお祭りです。








  

Posted by ジョン at 00:19Comments(1)TrackBack(0)海外旅行

2011年03月05日

ニース(2)

子供達もカーニバル参加のための準備が始まりました。






公園での飾り付けも準備完了。





空にも凧類が準備完了。




会場には電車で行く人。




会場に自転車で行く人。




会場に歩いて行く人。  皆さん早めの昼食を摂り、老若男女が足早に会場へと。



  

Posted by ジョン at 22:22Comments(0)TrackBack(0)海外旅行

2011年03月03日

ニースのカーニバル(1)

世界三大カーニバルの一つである、ニースのカーニバルをご紹介します。





カーニバルは日本語に訳すと謝肉祭、カトリックと西方教会の文化圏で4旬節の前に見られ


る祝祭。





第127回の今年のカーニバルのテーマは”Rol de la Mediterrannee"(地中海の王様)






カーニバル会場のマセナ広場。






カーニバルと共にここコートダジュールに春が訪れます。






パレードでは山車ばかりでなく、趣向を凝らした仮装パレードも行われます。







2時間ほどのパレードですが、あっという間に時間が過ぎます。






周りの観客の嬉しそうな、楽しそうな顔が写せず残念でした。







ニースの民族衣装を纏った王女様。  かなり大きな人形でした。



  

Posted by ジョン at 22:39Comments(0)TrackBack(0)海外旅行

2010年12月02日

タイ(5)カルチャーショー

ローズガーデン内のカルチャーショーには世界からの観光客で超満員でした。意外と日本からの観光客が少ないのが印象的でした。

ショーの開始を案内してくれたタイダンスの踊り子さん。



歓迎の踊り。




フォーンテヤン(キャンドルダンス)はスコタイ王朝時代より収穫期の踊り。



ハーベストダンスは刈り入れ祝いの踊り。



バンブーダンスは軽快で生き生きとしたリズムですが、高度な技術を要する足の捌きです。





象さんのつぶらな瞳。  アジア象とアフリカ象の違いをご存知ですか?

耳の大きさです、アジア象は小さく、アフリカ象はかなり大きな耳を擁しています。





  

Posted by ジョン at 22:40Comments(1)TrackBack(0)海外旅行

2010年12月02日

タイ(4)ローズガーデン

バンコック市内からおよそ90分のローズガーデンへ。

さすがにバラの季節ではなく、一本のバラも見えませんでしたが、多くの花を観賞出来ました。

これはブーゲンビリヤといって葉が緑から赤に変色し、一見花のように装います。



至る所に散見されるラン。



次の3種類は名前不明です。







名前はパープル ウエルス


チョン チョム(蝶を意味するタイ語?)


公園内の色々な木に寄生させているラン


ホテルのロビーにあったパチラオ
  

Posted by ジョン at 21:39Comments(0)TrackBack(0)海外旅行

2010年12月02日

タイ(3)王宮

王宮の中には大小様々な宮殿が有ります。  屋根に特徴が有りましたので一部お見せします。

下の寺院はマーブル テンプルと言ってイタリアからの輸入大理石を使用しており、タイで一番綺麗な寺院です。














出口近くの広場に植えられた木の剪定が面白く、さらに先端に鳩が停まっていたので、すばやく撮影しました。



これも宮殿を守る守護神でしょう。




王宮のそとは沢山の観光バス、そして市民の足といわれるトウクトウク(三輪車)

  

Posted by ジョン at 19:20Comments(0)TrackBack(0)海外旅行

2010年12月01日

タイ(2)王宮

1782年に建設された王宮を訪問しました。  21万平方mの広大な敷地です。

王室の守護寺として、タイで最高の格式と伝統を誇る寺院です。タイで唯一僧侶がいない寺院です。


ちょうど儀礼兵の交代時でした。 政情不安の中のバンコック市内ですが、世界中からの観光客で満員でした。




エメラルド寺院の壁の綺麗かつ豪華絢爛な事。





本堂に安置されています緑色の本尊は翡翠でできたエメラルド色の仏像です。





口を開けた狛犬ですから、阿像で獅子。





日本の寺院には珍しいタイルの技術がここにも生かされています。




何の木か判りますか??






  

Posted by ジョン at 18:48Comments(3)TrackBack(0)海外旅行

2010年11月29日

タイ(1)

一年中で一番気候の良い11月にタイはバンコックを訪問。

この写真は9階にあるプールです。  








プール横に咲いていたプルメリア(キョウチクトウ科) ハワイでは至る所に咲いており、レイに使われます。





同じくプール横で見つけた洋蘭、オンシジウム。  少女の踊る姿に似ていませんか?





この花の名前ご存知の方見えましたらお知らせ下さい。













  

Posted by ジョン at 22:10Comments(0)TrackBack(0)海外旅行