2016年11月29日

銀杏並木

名古屋駅前から続く錦通の銀杏並木
昼過ぎにも拘らず車も人もごくわずか


  

Posted by ジョン at 07:34Comments(0)TrackBack(0)街道

2016年07月02日

馬籠宿

江戸時代の参勤交代には30の諸大名が行き交った中山道の
宿場町。馬籠宿からの眺める山々の容姿は江戸時代の
芭蕉派の俳人達によって多くの歌が詠まれています。
そして何よりも日本を代表する島崎藤村生誕の地でも
あります。



  

Posted by ジョン at 07:48Comments(0)TrackBack(0)街道

2016年06月10日

メタセコイア

マキノ高限へのアプローチ道に500本のメタセコイアが
約2.4Kmに渡って植えられています。
早朝の朝日が出始めた頃に撮りましたので行き交う
車は暫く皆無でした。


  

Posted by ジョン at 06:37Comments(0)TrackBack(0)街道

2016年05月11日

メタセコイア

滋賀県高島市のマキノ高原へのアプローチ道のメタセコイア街道(500本
が2.4Km)中々出かけられず、名古屋に近い安城市にておよそ50本のメタセコイア
街道を発見。新緑を満喫しました。
今年の紅葉の秋と雪の真冬のマキノ街道を訪れたいですね。
メタセコイアは和名がアケボノスギと言われるが、メタセコイアの名がとおっていますね。
1949年に日本と皇室が挿し木と種子を譲り受けその後日本各地へ。




  

Posted by ジョン at 07:15Comments(0)TrackBack(0)街道

2015年04月13日

岩村城跡(1)

城史を見ると700年近い歴史を持つ他に例を見ない
城のようです。
1185年源頼朝の重臣が築城し、鎌倉室町時代300年戦国時代100年
江戸時代300年、そして版籍奉還の後明治6年に廃城令にて城は
解体。
もう一つ興味のある城史に織田信長の小姓を務めた森蘭丸が城主に。


  

Posted by ジョン at 06:52Comments(0)TrackBack(0)街道

2015年04月12日

岩村城跡

日本三大山城のひとつ岐阜県恵那市にある岩村城跡。
要塞堅固な山城で霧の湧きやすい気象までが城作りに
生かされています。
早朝の霧に浮かぶ城跡を挑戦するも、みるみる霧が消えていく
朝でした。








  

Posted by ジョン at 07:23Comments(0)TrackBack(0)街道

2012年04月01日

有松



ここ有松は東海道五十三次の宿場でなく、間の宿でした。


でも昔から特産品の有松絞りを土産にとかなり繁盛した宿場でした。







格子戸が嵌められた古民家の並ぶ通り。



有松から歩いて行けるところに桶狭間の合戦跡があります。






広重の書いた五十三次鳴海宿とはここ有松を描いています。  

Posted by ジョン at 22:05Comments(0)TrackBack(0)街道