2016年06月01日

ファド

昨夜は久しぶりにポルトガルの民族歌謡を2時間
満喫。
ファドとは運命とか宿命を意味しますが、歌詞とか
歌は情感が溢れる素晴らしい歌が多いです。
歌手津森さんの説明にあったロカ岬を思い出し
今朝はこのユーラシア大陸最西端のロカ岬を
掲載しました。
この大西洋に大航海時代の多くの冒険者、船乗りが
大きな夢を抱いて乗り出した勇気を賞賛。



  

Posted by ジョン at 07:38Comments(0)TrackBack(0)ポルトガル

2012年12月05日

ポルト市


ポルトガル第二の都市ポルト。


ドロウ川渓流の市街地の綺麗な事。


本当に絵のような景観です。






サント ベント駅。ここには数万のタイルが張り巡らされています。







ポルトガルの有名なタイルはアズレージョと言われる青い色のタイルです。









ポルトと言えば、これまた有名なポルト ワインです。



町のあちらこちらに立看板があります。










  

Posted by ジョン at 12:34Comments(0)TrackBack(0)ポルトガル

2012年12月02日

バターリャ修道院


ポルトガルの中西部の町、バターリャにあるバターリャ修道院。





朝から小雨降る日でしたが、急に日が差し込みステンドグラスからの光りの


綺麗な事。






バターリャはポルトガル語で戦いを示します。


  

Posted by ジョン at 08:58Comments(0)TrackBack(0)ポルトガル

2012年12月01日

ファド


ポルトガルの民族歌謡 ファド。

今回は大学都市であるコインブラで聞きました。


伴奏はポルトガルギターにクラシックギター。


運命を表すファドにはモノクロ写真がピッタリです。


  

Posted by ジョン at 06:47Comments(2)TrackBack(0)ポルトガル

2012年11月30日

発見のモニュメント


 大航海時代に活躍した帆船型のモニュメント。

 先頭はポルトガルの英雄エンリケ王子、30人の像が立ち並ぶ

 モニュメント。

 


 3人目はインド航路の発見者ヴァスコ ダ ガマ。

 5人目はブラジルの発見者ペデロ カブラル。

 6人目は世界周航を果たしたマゼラン。
   

Posted by ジョン at 08:09Comments(0)TrackBack(0)ポルトガル

2012年11月29日

ロカ岬


ポルトガルの首都リスボンから西へ30kmの所にある


ユーラシア大陸の最西端、ロカ岬。





小雨降る中を岬に向かいましたが、到着の頃には晴天になり


青い空に白き雲、人影は殆ど見られず。









  

Posted by ジョン at 09:14Comments(0)TrackBack(0)ポルトガル

2012年11月28日

リスボン


出発前日にBS朝日で女優常磐貴子さんのポルトガル紀行が放映されていました。


彼女が作家檀一雄と三島由紀夫の二人の本を携えて朗読する紀行でした。


作家檀一雄がここリスボンに1年半過ごし、そのあと福岡の能古の島に家を構えています。


最初に訪問した世界遺産の地はベレンの塔。


16世紀初頭に建てられた塔で、当時リスボンに出入りする船を監視する水上要塞。






この塔の横に流れるのはテージョ川。




  

Posted by ジョン at 04:04Comments(1)TrackBack(0)ポルトガル