2019年03月22日

ワジ・ケルト

この広大な荒野というか渓谷にて
写真右奥がエリコの町です。
過去実に多くの人がエルサレムからここを
通りエリコの町に歩んだ事でしょうか。
暫くの間瞑想するときでもありました。

  

Posted by ジョン at 08:50Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月21日

アイベックス

アイベックス、和名は野生ヤギ、いまや絶滅危惧種に
数えられています。
ここはダビデの滝のあるエン・ゲデイです。
砂漠のオアシスと言われる所以です。
アイベックスをみて途中岩だぬきも見ました。



  

Posted by ジョン at 08:50Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月21日

アイベックス

アイベックス、和名は野生ヤギ、いまや絶滅危惧種に
数えられています。
ここはダビデの滝のあるエン・ゲデイです。
砂漠のオアシスと言われる所以です。
アイベックスをみて途中岩だぬきも見ました。



  

Posted by ジョン at 08:49Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月18日

東方教会

今回エルサレムにてアルメニアの東方教会の
祭司に出会いました。
数年前から東方教会の聖歌に関心が強く
ロシア正教、ギリシャ正教、日本正教の聖歌を
なんども聞きました。
以前読んだ立花隆氏の思索紀行にかなり感化
されたようです。



  

Posted by ジョン at 11:05Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月17日

死海全容

ホテルの部屋から見た死海と左にある山容。
今回はこの地の有名な塩柱が撮れず残念でした。

  

Posted by ジョン at 09:05Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月17日

死海全容

ホテルの部屋から見た死海と左にある山容。
今回はこの地の有名な塩柱が撮れず残念でした。

  

Posted by ジョン at 09:04Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月12日

バル・ミツバ

エルサレムの西壁近くで見たこの行列は
バル・ミツバというユダヤ教の成人式の
お祝いです。男子が13歳です。
本人と隣のお母さんの嬉しそうな顔が
印象的でした。
因みに女子はバット・ミツバと言って12歳です。

  

Posted by ジョン at 10:09Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月10日

いちじく桑の木

イスラエル、エリコの町のこの桑の木は
古今東西で多くの方々に愛され思い出深い
木です。
正式にはシカモアの樹で一般にエジプトイチジク
と言われています。樹の名前はヘブライ語では
shiqmah,ギリシャ語でsykomoreaです。
そうです、ザアカイさんが登った樹です。


  

Posted by ジョン at 08:48Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月09日

センダン

エルサレム郊外にて栴檀の木はいずれも大きく
春には薄紫の花が咲き、秋から冬にはこのような
実がなり、まさに野鳥にとっての結構な食物に
なっています。


  

Posted by ジョン at 10:48Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月08日

からし種

今回のイスラエル旅行で至る所で見られた
アーモンドの花とこのカラシダネの花です。
カラシダネは当初日本の菜の花が咲いていると
思っていましたが、これが聖書のカラシダネとは
意外さと驚きでした。
正式名はクロガラシ。

  

Posted by ジョン at 10:24Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月06日

ゲッセマネの園

今回のゲッセマネの園は以前から期待大でした。
遠くにオリーブ山を見ながら、園に入りその後
のヴィアドロローサ2000年前と我が人生を
振りかえつつの数時間でした。
小雨降るなかでしばしの太陽光の綺麗なこと
そして自分の気持ちを園の中の一枚の葉にあ
らわしました。


  

Posted by ジョン at 09:17Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月05日

クムランの遺跡

1947年死海の北端に位置する荒野
クムランでベドウインの羊飼いの少年が
見つけた壺の中にBC250年からAD70年に
書かれた世界最古の旧約聖書が。
20世紀最大の考古学的発見といわれてい
ます。
今回は洞窟を見、エルサレム博物館にて
現物の死海写本を見ました。

  

Posted by ジョン at 11:00Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月02日

アラビアテリムク

ムクドリの一種で、今回マサダ(要塞)にて
撮りました。
アラビア半島ではラクダの耳を掃除することで
有名なようです。
留まっているときはカラスの小型版のサイズ
ですが、羽を広げると綺麗です。

  

Posted by ジョン at 06:33Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年03月01日

ハイラックス

ダビデの滝を見に急な坂道を登っていた時に
岩場の陰にて見つけたこの動物は和名を
岩だぬきと云います。
体調45cm程で尾はありません。

  

Posted by ジョン at 09:38Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年02月28日

マサダ

マサダとはアラム語で要塞の意。紀元前30年代に
ヘロデ大王が改築した離宮兼要塞で標高390mに位置し
正に難攻不落の要塞です。
1960年代に発掘されて2001年に世界遺産に
登録。
70年にローマ軍によってエルサレムがが陥落すると
ユダヤ人960人がここに立てこもり、ローマ軍1万人
が包囲し、3年間立て篭もりました。
太陽の右下が死海です。

  

Posted by ジョン at 10:47Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年02月25日

オリーブの木

イスラエルにてはまさにこのオリーブの木は至る所で
見受けられます。
聖書には色々な植物が譬で語られていますが、このオリーブの
木も同じです。
今回見た多くのオリーブは樹齢1000年近くと言われていました。
日本では余り見受けられないのではと。

  

Posted by ジョン at 08:33Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年02月24日

ダビデの滝

この日はマサダの要塞を見学しクムランの死海文書
が発見された洞窟跡を見てきました。
その途中で出会ったダビデの滝。
急な山道を大汗をかきながら登りmした。
イスラエルでは数少ない滝かと思います。
竪琴の音を聞きながらの静止の時でした。

  

Posted by ジョン at 08:38Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年02月23日

ガリラヤ湖

この日はガリラヤ湖上遊覧。
船頭さんのamazing grace の歌声の素晴らしさ
に暫し時を忘れました。
多くのカモメが早朝の太陽を背に自由に飛び交っ
ていました。

  

Posted by ジョン at 07:43Comments(0)TrackBack(0)イスラエル

2019年02月22日

カラシダネ

今回至る所でみられたこの可憐な花は
当初日本の菜の花かと思っていました。
聖書に頻繁に出てくるカラシダネとは
クロガラシと言われてアブラナ科で地中海
沿岸の野生地で自生している野草です。
からし種一粒の信仰、教えられましたね。

  

Posted by ジョン at 09:59Comments(0)TrackBack(0)イスラエル