2010年08月26日

知多半島

知多半島は常滑市と知多市を訪れました。
いつもセントレア空港への往復を高速道路で走りながら、立ち寄りたい町の一つでしたが
今回ようやく実現出来ました。
常滑ではINAXアライブミュージアムを訪問。特に世界タイル博物館は貴重な資料の宝庫です。


オリエント、イスラム、スペイン、オランダ、、イギリス、中国、日本と時代の推移を的確に分析されています。
因に外装および内装タイルの三大消費国ご存知でしょうか?
答えはイタリア、スペイン、ブラジルです。
ライブミュージアムの駐車場そばに植えられた花々はフヨウとタニウツギでした。 猛暑の中でも生き生きと咲き誇っていました。



常滑と言えば六古窯の一つとして知られ、平安時代後期から焼き物作りをしています。
ライブミュージアムからほど近いところにやきもの散歩道があり、真夏の真昼にも拘らず興味津々で歩いてきました。

この道の左右と足もとの写真をじっくりとご覧ください。地元では土管坂と呼ばれています。


写真の右側は明治に作られた土管、左側は昭和に作られた焼酎瓶、足もとの道は土管製造時の廃棄物。

知多市では新四国霊場73番の正法院を訪れました。


本殿横の急な階段を昇っていきますと、そこに徳川幕府時代の隠れキリシタンがひそかに崇拝していたといわれる石仏がありました。

  

Posted by ジョン at 23:24Comments(0)TrackBack(0)国内旅行

2010年08月24日

奥三河

満月の撮影を兼ねて茶臼山に行ってきました。天気予報は愛知県は快晴。


愛知県で一番高い山、そして山の天候は見事に急変しました。


夕陽、星、月、夜景など撮影を楽しみにしていましたが、雨の後のガスで全く空が見えませんでした。

それでも翌日は朝4時半に起床し、朝日の出現を期待しましたが、、、、、、、、、、、、、。

帰路は豊根村にある熊谷家を撮影させて頂きました。
18世紀に建てられた民家で、いまの熊谷さんは20代目とか。 素晴らしい建造物です。
周りの杉林、竹林もこれまた風情がありました。



秋になったら再度茶臼山での撮影に挑戦したく思います。






  

Posted by ジョン at 18:38Comments(0)TrackBack(0)風景

2010年08月12日

雨上がりの庭

連日連夜の猛暑から、庭の草木は息も絶え絶えでした。
昨夜の大雨で、我が家の庭木、花達は息を吹きかえらせ、活き活き
仕始めました。














  

Posted by ジョン at 16:31Comments(4)TrackBack(0)草花

2010年08月11日

昭和村

愛知県犬山市にある明治村は皆さん良くご存知ですが、岐阜県の昭和村はご存知でしょうか?
広大な敷地に興味あるものが一杯有りますからぜひとも足を運んでください。



子供達に池の中に鯨が居ると言ったら、皆さんシーンと沈黙。



福岡県飯塚市にある嘉穂劇場を思い出す芝居小屋。







  

Posted by ジョン at 21:15Comments(0)TrackBack(0)風景

2010年08月08日

徳島の阿波踊り

来週から徳島で恒例の阿波踊りが始まります。  今年は行けそうにもないから、昨年の8月13日のをお見せします。


















ブラジルではリオのカーニバルを4年連続で見ましたが、日本にもこんな素晴らしく情熱的な祭りがあるとは。

まさにViva Tokushimaでした。  

Posted by ジョン at 00:10Comments(1)TrackBack(0)国内旅行

2010年08月07日

美濃市中日花火大会







8月1日(日)午後7時40分から一時間岐阜県美濃市の長良川河畔にて1000発の花火を鑑賞。
花火の美しさをカメラを少しわざと動かして、光のオブジェを楽しみました。
最後の二枚はさしずめ美濃煎餅かな。



  

Posted by ジョン at 12:48Comments(1)TrackBack(0)風景

2010年08月04日

東山植物園




温室の中にあった大きなサボテンの幹をアップして撮りました。
サボテンの棘を良く見ますと、特に真ん中の棘は人間が上から下へとまるで器械体操のごとく繋がっています。
あと1カ所気付きませんか?
サボテンの中央右側の部分ですが、女性が右側を見ています。  

Posted by ジョン at 21:29Comments(1)TrackBack(0)草花

2010年08月03日

スペイン旅行(4)



10日アンダルシアからラ マンチャ(乾いた土地)地方へ。16世紀に建てられた風車。









11日 上記4枚の写真はバルセローナにあるサクラダファミリア(聖家族教会)。ガウデイが1883年から実に43年間費やした作品です。
1882年に着工するも未だ完成せず、完成は更にあと100年とか200年後と言われています。
スペインの数々の絵画も素晴らしいですが、この建築物の壮大さと魅力を写真では表現出来ず残念でした。







同じくガウデイの作品で未完の世界遺産”グエル公園” 公園内では色々なアーテイストが音楽、絵画に勤しみ、地元の人々にも愛されている公園です。

12日にはバルセローナから一路日本へ。  来年はスペイン北部を訪問出来ればと夢を見つつ。  

Posted by ジョン at 20:45Comments(0)TrackBack(0)スペイン

2010年08月03日

スペイン旅行(3)



9日はグラナダ観光。  市の南東丘にそびえるアルハンブラ宮殿。  ギターの好きな方々が一度はトライする”アルハンブラの思いで”



地元小学生の遠足。  先生に色々と質問をしていました。


スペイン有数のリゾート地コスタ デ ソル(太陽の海岸)の山側にいくつもある小さな町の一つミハス。
白い町並みには小窓の花々と併せてタイルが綺麗に飾ってあります。
タイルの世界最大消費国はスペイン、イタリア、ブラジルの3国です、ご存知でしたか?  

Posted by ジョン at 19:23Comments(0)TrackBack(0)スペイン