2011年02月28日

我が家の春

南欧に8日間滞在して、今朝帰国。

雨が降り,若干の風が吹いていましたが、我が家の可愛い花達が出迎えてくれました。


まずはマンサク、春先に、『真っ先に咲く花』ーまず咲く花ーマンサクの花とか。







我が家の庭を35年以上、毎年綺麗に花を咲かせて楽しませてくれる枝垂れ梅。 


今年も満開の時期を楽しみにしています。







枝垂れ梅の前にいつも先に芽をつける白梅ですが、今年は同時期に咲き始めました。



  

Posted by ジョン at 23:58Comments(3)TrackBack(0)草花

2011年02月18日

世界遺産

昭和初期にドイツ人建築家ブルーノ タウトがこの岐阜県白川郷の合掌造りの構造を絶賛


しました。


飛騨地方の白川郷(岐阜県白川村)と五箇山(富山県)の菅沼と相倉はいずれも1995年


に世界遺産に認定されました。


白川郷は100以上の合掌造り集落がありますが、菅沼、相倉は20前後の集落です。









白山の麓に広がるこの山里は昔から豪雪地帯でした。 この厳しい環境下で素朴な文化を育

んできたこの村の人々の生活/伝統意識には私たち都会人が忘れかけたものがありました。

富山県五箇山の菅沼の合掌造りの集落。







同じく富山県五箇山の相倉の合掌造りの集落。



  

Posted by ジョン at 16:36Comments(3)TrackBack(0)風景

2011年02月14日

初春の花

2月の厳冬時期の菜の花は春の訪れを感じます。



菜の花はアブラナ科の1年草、花言葉の快活/活発/元気一杯が2011年に亘ってありま


すように。






ボケ(木瓜)はバラ科の落葉低木。


実が瓜に似ており、木になる瓜で「木瓜 もけ」と呼ばれたものが「ぼけ」に転訛したとい


われています。


花言葉は先駆者、指導者、妖精の輝きなどでいずれも素晴らしい表現です。

  

Posted by ジョン at 23:43Comments(2)TrackBack(0)草花

2011年02月13日

城ヶ倉大橋近くの林

大橋からの眺めも素晴らしかったのですが、この林の立ち並びが良くて撮りました。


急速に天候が回復して青空が見え始めましたから。







遠くに夕焼けを見ながらの、雪に埋もれた林もなかなかおつなものでした。







  

Posted by ジョン at 17:04Comments(0)TrackBack(0)風景

2011年02月13日

八甲田地獄沼


酸ヶ湯温泉の近くの火山活動によって出来た沼です。

沼の奥は90度Cになるので立ち入り禁止になっています。


写真の中央奥の湖面には湯気が立ち上っていました。  


  

Posted by ジョン at 16:46Comments(0)TrackBack(0)風景

2011年02月11日

八甲田山の麓

日没後の八甲田の麓の牧草地。   



八甲田の山頂よりこの吹雪の中の撮影が、一番寒くて身にこたえました。




  

Posted by ジョン at 23:41Comments(1)TrackBack(0)風景

2011年02月10日

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流にある銚子大滝。  夏に訪れた時の印象とはかなり違い、雪に埋もれて中々滝



の近くに行けませんでしたが、落差は小さいものの豪快な滝でした。



銚子の由来は十和田湖をとっくりに見立てた場合、この場所が注ぎ口に見える事からのよう



です。






奥入瀬川沿いの林。



  

Posted by ジョン at 00:02Comments(0)TrackBack(0)風景

2011年02月07日

奥入瀬川

一昨年の夏に訪れたおりは眩しいばかりの新緑でしたが、真冬の雪に埋もれた景色はまた

違う風情です。




>  

Posted by ジョン at 23:12Comments(0)TrackBack(0)風景

2011年02月07日

スノー モンスター


この写真は左側のお父さん、お母さんの二人が右側のおとぎの国の動物に何か話しかけて


いるように見えませんか?










真冬の雪山の山頂の光景には見えず、寒さを忘れる幻想的な光景でした。





  

Posted by ジョン at 00:48Comments(4)TrackBack(0)風景

2011年02月06日

八甲田山

八甲田山に多く群生するアオモリトドマツに、氷と雪がぶつかり合いながら,徐々に大きく



成長しやがて“スノー モンスター”とよばれるまで大きな樹氷になります。



気温はマイナス12度C、積雪3.7m。








前日まで吹雪でしたが、当日の朝は曇天。


それでも山頂へ行きましたが、見事な快晴になり、辺り一面の樹氷群を表現するにその規模


壮観、豪快さに圧倒されました。    


真冬時期にはまさに数日しかないという快晴で地元TV局が撮影にきていました。




  

Posted by ジョン at 05:33Comments(0)TrackBack(0)風景

2011年02月04日

蓼科高原

今週の十和田湖のしぶき氷と比較して、同じ厳冬の気温でも、海の様な十和田湖の激しい風

と荒波にて出来た氷結と渓谷に吹く風の違いが氷の表情に出ています。

  

Posted by ジョン at 19:29Comments(0)TrackBack(0)風景

2011年02月01日

十和田湖

夏の十和田湖に続いて厳冬の十和田湖に参りました。

しぶき氷なるものを初めて撮りました。

自然の素晴らしさに感動したひと時でした。


  

Posted by ジョン at 21:40Comments(0)TrackBack(0)国内旅行