2012年03月31日

大高緑地梅林園



今週初めに撮影した梅です。  ピンク、赤、白の梅350本が咲き誇っていました。


途中でミゾレが降る肌寒い日でしたが、来週からは桜が開花し始め春到来ですね。





  

Posted by ジョン at 22:45Comments(0)TrackBack(0)草花

2012年03月30日

我家の庭


10年前に家内が植えてこよなく愛したスノードロップ。


一昨日から30の花が咲き始めました。


和名は待雪草。  ヨーロッパ南部に広く分布しています。


天使がイブを慰めるために降る雪に息を吹きかけたところ、その雪の落ちた所から



咲いたという伝説があります。










このユキヤナギも家内が大好きで庭に2カ所群生しています。


二つの花に共通な小さく純白の花を咲かせる可憐な植物です。







  

Posted by ジョン at 20:49Comments(0)TrackBack(0)草花

2012年03月30日

水郷めぐり



琵琶湖に沈む夕陽をと思いきや薄曇りの天気に。


場所は長命寺の参道近くの湖岸。








水郷巡りの櫓船。  岸に生えている大きな木は,カワヤナギです。




  

Posted by ジョン at 01:27Comments(0)TrackBack(0)風景

2012年03月28日

ボオ–リズ


建築家ウイリアム・メレル・ボオーリズをご存知ですか?


1905年に八幡市にある県立商業高校の英語教師として2年勤務。


その後も1957年まで同地に留まり数多くの建設に従事。


1906年から18年間に設計した建物の数は440棟。

その中には住宅、学校、図書館、寄宿舎、病院、教会、音楽堂、銀行


会社、デパートなど。


夫妻の居住家であり、現在はボオーリズ記念館。






氏の設計した八幡市最初の郵便局。







八幡市内だけでも24の設計建物が保存されています。



市内は閑静な通りが多く、風情ある趣が残っています。









散策中にみつけた庭にあった大木の幹に植えられた花々。








氏の残した事業は、建築設計事務所、医療事業、製薬会社(メンタムの製造販売)


教育事業(近江兄弟社学園の幼稚園、小学、中学、高校)図書館。  

Posted by ジョン at 20:54Comments(0)TrackBack(0)建築

2012年03月26日

日牟禮八幡宮



千年以上の歴史を持つ神社です。


明治33年能舞台の竣工が行われ、観世流の能楽が演ぜられました。


この神社の祭りのひとつ、左義長祭りで信長の宴と題して信長が謡い踊った酒宴を忍ぶ


とか。   左の虎は勇猛な信長を示すようです。









入り口に安置されている石製の狛犬と門上の木製の狛犬を比較しました。




  

Posted by ジョン at 22:18Comments(0)TrackBack(0)風景

2012年03月25日

カワラミュージアム



八幡瓦の起源は秀吉が秀次に1585年に八幡山城の築城を命じたおり

使われた由。   以降地場産業として瓦製造が展開されました。


ミュージアム入り口への歩道にも瓦が。







敷地内には10棟の建物があり、いずれも元瓦工場の跡地です。


各建物の白壁には様々な飾り瓦が配置されています。



  

Posted by ジョン at 22:03Comments(0)TrackBack(0)風景

2012年03月25日

近江八幡市



滋賀県近江八幡市にある八幡堀。  堀の川沿いには4月には櫻が咲き誇り



その後には花菖蒲が咲きます。








安土桃山時代の豊臣秀次の時代一大動脈として栄えていました。







これは何の建物か判りますか?


喫茶店で店内ではジャズが流れていました。





  

Posted by ジョン at 01:23Comments(0)TrackBack(0)風景

2012年03月22日

リトルワールド(1)


インドネシアのバリ島。  インドネシアは主にイスラム教ですが

この島はヒンドウー教が主流です。


日本の獅子舞の獅子頭に似ていませんか?









沖縄の石垣島にあった琉球王国時代の家。




  

Posted by ジョン at 23:04Comments(0)TrackBack(0)風景

2012年03月21日

四日市コンビナート




四日市での会議終了後に夜の工場を撮影したく、強風の中初めての挑戦でした。



9時半過ぎの夜景ですが、工場の無機質感をもう少し表現出来たらと、来月


再度挑戦したく思います。






  

Posted by ジョン at 22:28Comments(3)TrackBack(0)風景

2012年03月21日

リトルワールド



犬山市の郊外にあるリトルワールド(野外民族博物館)。 


22ヶ国、31施設の家が移築または復元されています。


最初はイタリア。






聖ゲオルグ礼拝堂








次は韓国の庭と梅の花です。








最後は沖縄です。








  

Posted by ジョン at 00:20Comments(0)TrackBack(0)風景

2012年03月18日

オーロラ




友人達から一番人気と興味があった写真です。




  

2012年03月17日

中馬のおひなさん



豊田市足助町の中馬のおひなさん祭り。






足助川沿いに町おこしを目指して1999年から始まったひな祭りです。



玄関前から撮影。






玄関の中から撮影。  多くの民家やお店の軒先に展示されており、一軒一軒次は何かと



楽しみながら回る事が出来ます。








土雛、内裏雛など古くは江戸時代からの物も展示されています。



各家の前には色とりどりの花もちが飾られています。






  

Posted by ジョン at 22:59Comments(0)TrackBack(0)風景

2012年03月15日

伊勢神宮(1)

   


 風日祈宮橋の鳥居と杉。







前日の大雨の影響で五十鈴川の流れも速く









伊勢神宮は18時に閉門です。第一鳥居横の灯火も点きましたので、足早に戻りました。










最後に長さ101mの宇治橋を撮りました。




  

Posted by ジョン at 21:48Comments(0)TrackBack(0)風景

2012年03月14日

伊勢神宮


先月以来東京九段下にある靖国神社の学びをしており、あらためて神社のまとめをしたく


皇室をまつると言われる伊勢神宮に行ってきました。


まずは手水舍(てみずしゃ)から









台風、地震などの災害にもものともせず残っている立派な杉の木立。







  

Posted by ジョン at 21:42Comments(2)TrackBack(0)風景

2012年03月13日

五カ所湾



三重県南伊勢町の五カ所湾でのアオサ養殖の風景です。


アオサ(ヒトエグサ)の生産量は三重県が日本一を誇っています。


的矢湾、英虞湾、伊勢湾、五カ所湾が主な産地です。


この日は潮位が高くて海藻の網が見えませんでした。






堤防の上から見ますと養殖の網とアオサがはっきり見えます。







アオサなのに赤いのは?



これは橋の欄干が赤くてそれが水面に映し出されています。




  

Posted by ジョン at 22:39Comments(0)TrackBack(0)風景

2012年03月12日

我家の庭(1)


我家の庭では珍しい黄色の花です。


まずはサンシュウ。


開花にはまだまだ時間がかかりそうですね。






10個ほど咲き始めたマンサク。







  

Posted by ジョン at 22:15Comments(0)TrackBack(0)草花

2012年03月11日

我家の庭



急にまた寒くなりましたが、我家の花達は春に向かって元気になりつつあります。


まずは幹近くに咲いている1輪の梅から。






7部ほど咲きそろいつつあります。







次は枝垂れ梅(1)です。









枝垂れ梅(2)









アシビ(馬酔木)の花です。









  

Posted by ジョン at 22:42Comments(0)TrackBack(0)草花

2012年03月10日

タルマの瀧




新平湯温泉の新しい名所になっているタルマの瀧。


落差は20mの瀧です。





瀧の対岸にあった氷柱、氷の質感と青い色が何とも言えませんね。








瀧が氷瀑になっているだけあり、氷柱も見事に氷結しています。



この時期はライトアップもあり、多くの方が夜景を見に来ます。








川岸にあった水車小屋。









  

Posted by ジョン at 00:48Comments(0)TrackBack(0)

2012年03月07日

青だる




岐阜県高山市郊外、北アルプスの麓にある福地温泉。


福地温泉は標高1000mにあり,源泉は20以上あります。


この青だるとは福地温泉上流に福地壁という絶壁があり、岩から滴り落ちる


水が冬の寒さによって凍りついて青い水の帯のように見える現象です。








小雪が舞い、あたりは霞んでいましたが山あいの風情は墨絵の様な静寂な趣でした。












  

Posted by ジョン at 23:01Comments(0)TrackBack(0)風景

2012年03月06日

カナダ



カナダのノースウエスト準州の州都であるイエローナイフ。



北極圏からおよそ400km南に位置しています。









多くの方はこのテントの中で暖をとり、オーロラの出現で外に出て空を見上げます。












私達はこのテントから更に森の中深く入りますが、なにせ深夜ですから周りは真っ暗で



道無き雪の上を歩きます。




ただただオーロラの出現を待ち望みつつ。