2015年08月09日

支倉常長

1613年(慶長18年)支倉常長が慶長遣欧使節として太平洋と
大西洋を渡りスペイン、イタリアに向かいました。
目的はスペイン国王とイタリアローマ教皇に会うためです。
彼の仙台への帰国は7年後です。
詳細は仙台博物館展示品、遠藤周作氏の作品”侍”をご参照ください。

  

Posted by ジョン at 07:54Comments(0)TrackBack(0)仙台