2016年04月30日

杜若

”いずれがアヤメ、カキツバタ”という言葉どうり
同じアヤメ科に属しており、その差異が中々
判別できない花でもあります。
因みにこの写真はカキツバタです。



  

Posted by ジョン at 06:37Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月29日

西洋シャクナゲ

我が家の庭の西洋シャクナゲが今年も咲き出しました。
ツツジ科のこの花の花言葉は威厳、荘厳という意味とは別に
警戒・危険という意もあります。
理由は葉に有毒成分が含まれているからです。
いずれにせよ美しい花です。

  

Posted by ジョン at 06:41Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月28日

藤の花

今全国各地で咲き出した藤の花。
今週東京オリンピックのエンブレムに採用された
組市松紋が藤の花と同じ藍色でしかも藤を思い起こさせるとか。
しかもこの2種類のシンボルマークには枚数と小円の半径まで
同じに作られています。デザイナーの野老氏の発案に世界の
王貞治さんも絶賛。
名古屋駅に先月建設された高層ビルに氏のデザインが採用されています。



  

Posted by ジョン at 07:27Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月27日

百合

芍薬、牡丹と続いたのできょうは笹百合を。
ただし笹百合は来月末頃の開花ゆえ、蔵出しにしました。
ご容赦ください。


  

Posted by ジョン at 07:27Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月26日

牡丹

昨日の芍薬に続いて牡丹を。
立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花。

芍薬と同じ白い牡丹を。

  

Posted by ジョン at 07:16Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月25日

芍薬

芍薬の開花の寿命は実に短いですね。
やはり細い茎に大輪の花が支えきれないようです。
散る寸前の時期を撮りました。
白い花びらの繊細さが我ながらうっとりさせてくれます。
女性に例えられる様に私には芍薬、百合、牡丹の順でしょうか。

  

Posted by ジョン at 07:18Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月24日

ツツジ

江戸霧島でしょうか、見事な真紅の花です。
散歩中に見つけたご近所の垣根に咲いていました。


  

Posted by ジョン at 07:40Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月23日

アヤメ

先日我が家の庭の新緑のアヤメを掲載。
その新緑の葉から小さな蕾のものが出始めました。
5月には30以上のアヤメを見る事が出来ます。


  

Posted by ジョン at 07:13Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月22日

満天星

ドウダンツツジに白い小さな花が咲き出しました。
今年はなぜかいつもより遅く咲き、しかも量が少なく
心配していました。
この草木は新緑、白い花、紅葉と四季を楽しませてくれます。
ツツジ科には見えなくしかも満天星という名がお気に入りです。


  

Posted by ジョン at 07:14Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月21日

ヒラドツツジ

我が家にある3本のこのツツジはかって母が70年前に
植えた木ですが、3回の転居に伴い我が家の家族と
共に目を楽しませてくれています。
バックの白は今満開の小手毬です。


  

Posted by ジョン at 07:16Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月20日

ライラック

日本では英語名のライラックよりフランス語のリラの
ほうが名前とおっているのでは?
イギリスでは5月祭りの花になっています。
ギリシャ語のSyrinx は笛、パイプの意で枝から笛・パイプを
作ったようです。
我が家の庭にはいまこのリラの香りがほのかに漂っています。
さすがに香水の原料にもなると納得ですね。


  

Posted by ジョン at 07:34Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月19日

アヤメ

先月から我が家の庭にはアヤメの葉が今年も30以上育っています。
来月にはまた綺麗な花を咲かせてくれるでしょう。
学名の IRISはギリシャ語で虹の意です。
いままさに新緑の季節を感じさせる綺麗な葉群です。


  

Posted by ジョン at 07:26Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月18日

芍薬

例年5月の初めに咲く我が家の芍薬ですが
昨日の5月下旬並みの27度の気温につられてか
咲き出しました。
ボタン科のこの大きな花ですが、何か華麗ながら
清楚感が多くの日本人に愛されてきた気がします。
因みにボタンは樹木、芍薬は草本でボタンは花王
芍薬は花の宰相と色々と区別されています。

  

Posted by ジョン at 07:36Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月17日

ユズリハ

森の響にて見つけた西洋シャクナゲは間違いで
ユズリハが正しい名前でした。
高さは3mです。
葉の形が似ており間違えました。
新葉が生長して古い葉が落ち、新旧交代が
はっきりしているから事から”譲る葉っぱ”でそれが
譲葉になったようです。


  

Posted by ジョン at 07:56Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月16日

森の響

日進市にあるカフェとギャラリー併設の森の響(おと)
にて見つけた西洋シャクナゲとミツバツツジ。
我が家の西洋シャクナゲは高さ50cmと80cm.
でもこの木は5mをゆうに超えています。
ここまで成長するとは驚きです。







  

Posted by ジョン at 07:26Comments(0)TrackBack(0)愛知

2016年04月15日

小手毬

我が家の小手毬が一斉に咲き出しました。
コデマリはバラシモツケ属でこの花が咲き出すと
次に大手毬がそして1ケ月位後には紫陽花が咲き出します。


  

Posted by ジョン at 07:32Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月14日

ハナミズキ

我が家の2本のハナミズキも開花し始めました。
花びら(苞)がが最初は開かず、まるで花の中心を
丸く守っているような形がなんとも言えませんね。
この木の和名はアメリカヤマボウシでアメリカを
代表する花木です。


  

Posted by ジョン at 07:37Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月13日

花海棠

バラ科リンゴ属のハナカイドウはソメイヨシノの開花後に
咲く花で春の代表花です。
学名のMalusはギリシャ名のmalon(リンゴ)が語源です。
中国では牡丹と共に最も愛好されています。
やはりこの花の色の美しさには国境はありませんね。
我が家の満開のハナカイドウも今日、明日の雨で散るでしょう。


  

Posted by ジョン at 07:36Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月12日

クリスマスローズ

先日掲載したアーモンドの花はイースターの時期に
そしてこのクリスマスローズはクリスマスの時期に咲きます。
イギリスが原産のこの花はもともとクリスマスの時期に咲いて
いましたが、いまは殆どが1−4月に咲き出します。
最初の写真は一重の、二枚目が八重ですがこれを見てクリスマス
ローズとはなかなか判らないのでは?












  

Posted by ジョン at 07:12Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年04月11日

モミジ(1)

昨日に続いて我が家のあと2本のモミジの様子を。
最初は枝垂もみじ、二枚目は秋になると4本のなかで
一番葉が大きくなるのですが、枝にはこの葉が一枚のみ
でまさに枯れ枝になっています。








  

Posted by ジョン at 07:01Comments(0)TrackBack(0)草花