2016年05月31日

蓮華躑躅

開花寸前のレンゲツツジ。
レンゲ畑のように高原いっぱいに広がるところから命名
されたようです。
信州高原でのひと時が懐かしいです。


  

Posted by ジョン at 06:32Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月30日

桔梗

蕾の時は花びら同士が風船のようにつながり
徐々に星型の花を咲かせる桔梗のの根はサポニンを
多く含むので生薬にも利用されています。
桔梗の紋は美濃の山県氏、土岐氏一族が使い、明智光秀は
土岐氏ゆえに採用。

  

Posted by ジョン at 07:08Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月29日

ヒメボタル

我が家から数分の相生山の森の中で久しぶりに
ヒメボタルを撮りました。
今年は例年になく、我が身の近くまで飛来して
深夜のヒメボタルとの遭遇を満喫しました。

  

Posted by ジョン at 06:31Comments(0)TrackBack(0)昆虫

2016年05月28日

ヤグルマギク

名前のごとくキク科ですがかってヤグルマソウとも言われていましたが
ヤグルマソウがユキノシタ科に属すため、混同を防ぐ意味でヤグルマギクと
統一されました。
ドイツ、エストニア、マルタの国花でもあります。



  

Posted by ジョン at 07:41Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月27日

紫蘭

ラン科ですが一般のランと違い一般の土で栽培できる
ので育てやすい一種です。



  

Posted by ジョン at 07:04Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月26日

百合の花

奈良時代後期に出来た万葉集(20巻、4540首)には
百合の花が多く歌われています。
やはりいにしえから日本人に愛されてきた花ですね。
万葉集は大伴家持の私撰とも言われていますが、彼も万葉集
には百合4首の歌が入っています。

  

Posted by ジョン at 07:37Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月25日

丁字草

チョウジソウはリンドウ目キョウチクトウ科に属しています。
近年は絶滅危惧種に指定されています。



  

Posted by ジョン at 07:33Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月24日

紫陽花

紫陽花も先回掲載したユキノシタ科に属しています。
日本のアジサイを外国に紹介したのは江戸時代に来日中の
シーボルトでした。
写真のアジサイはシチダンカ(七段花)という少し変わった
品種です。
今年始めて咲き出した2輪です。

  

Posted by ジョン at 07:02Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月23日

シザーサス

南米チリが原産のこの花はナス科です。
色々な花の色がありますが、この白い花は
魅力的です。

  

Posted by ジョン at 07:28Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月22日

ユキノシタ

北海道始め今年は既に各地で真夏日を観測。
そこで涼しげな雪の下の花姿を。
花は5弁で上の3枚は小さく、下の2枚は細長い
不思議な花です。

  

Posted by ジョン at 07:21Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月21日

オリーブの花

モクセイ科のオリーブに花が咲き出しました。
平和の象徴とされ国連の旗にも採用されています。
世界平和を訴えているこの可憐な花を一人でも
多くの方が愛でますように。


  

Posted by ジョン at 07:20Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月20日

フクシア

下向けに咲く花の姿から上品な

貴婦人のイヤリングとも言われています。



  

Posted by ジョン at 07:23Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月19日

ロータスベルセロテイ

初めて見る草花でした。
マメ科でカナリア諸島原産です。
シルバーリーフ(葉)を背景に咲くこの赤い花
いいですね。
カナリア諸島はスペインから近い大西洋にある人口
200万人の島ですが、観光客は年間1000万人を超す
風光明媚な綺麗な島々です。

  

Posted by ジョン at 07:00Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月18日

養老の瀧(1)

多くの文人が愛したこの瀧を色々な形で小説、和歌、俳句で
残されていますが、万葉集にも2首歌われています。
大伴東人の歌、

”いにしへゆ人の言ひ来る老人の変若つといふ水にぞ
名に負ふ瀧の瀬”

  

Posted by ジョン at 07:26Comments(0)TrackBack(0)

2016年05月17日

養老の滝

岐阜県養老公園内にあるこの滝は落差32m,幅4mの
日本瀧百選に選ばれています。
多くの人が知っている親孝行の息子の伝説は歴史が
古く8世紀に遡ります。
この伝説を知った当時の元正天皇は年号を養老と変えた
ほどでした。
新緑の季節はまた一段と瀧が冴え渡っています。
江戸時代の葛飾北斎,歌川広重も画材に選んでいます。


  

Posted by ジョン at 07:14Comments(1)TrackBack(0)

2016年05月16日

チェリーセイジ

シソ科のチェリーセイジです。
赤一色が多い中で赤白の可愛い花です。
別名ホットリップス。

  

Posted by ジョン at 07:25Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月15日

バラ

そろそろバラも最後の1輪になってきました。
薔薇の種類の多さには驚きですが、薔薇の佇まいには
実に多くの表情がありますね。
世界中の人々に愛される所以かも。



  

Posted by ジョン at 07:36Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月14日

霧島躑躅

我が家の庭で最後まで咲いていた躑躅。
先日の雨でいまは若葉のみになっていますが。

  

Posted by ジョン at 07:27Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月13日

ナデシコ

秋の七草の一つですが、いまや4月から10月まで300種の
撫子が至る所で見られます。
撫子の語彙から子を撫でる表現は万葉の時代から多くの
日本人に愛されてきた所以ですね。


  

Posted by ジョン at 07:27Comments(0)TrackBack(0)草花

2016年05月12日

キングサリ

マメ科の花ですが、遠くから見ると黄色の藤の花のような。
南欧が原産地です。
和名はまさに直訳の金鎖です。
7月まで咲き誇ってくれます。


  

Posted by ジョン at 07:38Comments(0)TrackBack(0)草花