2016年09月25日

杜鵑草

このホトトギスはユリ科の属一つで若葉や花にある
斑点が鳥のホトトギスの胸にある模様が似ていることから
命名されたようです。
この斑点は花が開花の後には消えるようです。




この記事へのトラックバックURL

http://john.mediacat-blog.jp/t118754
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい