2017年01月01日

パイプオルガン

謹賀新年

今年も宜しくお願い致します。

岐阜県立コンサートホール、サラマンカホールのパイプオルガンです。
客席700人のホールですが、ほぼ4年の歳月をかけて故辻宏さんが制作した我が国最初の
スペイン様式のパイプオルガンです。
パイプの数、2997本、実に荘厳な響きで天にまで届かんばかりの気高さです。
大晦日の夜、新年の朝、バッハのトッカータとフーガを聞きつつ。




この記事へのトラックバックURL

http://john.mediacat-blog.jp/t120218
この記事へのコメント
元旦に亡父辻宏のオルガンの写真を掲載して頂き、心より御礼申し上げます。あの楽器の音色にお誉めのお言葉を賜り、大変嬉しく存じました。形見にのこした辻オルガンのHPは、tsujiorgan.com で御覧頂けます。お知らせまで申しあげます。ご健康で良い一年をお送り下さい。
Posted by オルガン at 2017年01月10日 18:04
辻さん

ご連絡が遅れて失礼いたしました。
連絡先をお教えいただけませんか?

私のメールはjohn0921@me.com
お待ち申し上げます。

岩田
Posted by ジョン at 2017年01月29日 20:57
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい