2017年08月10日

鹿の子百合

カノコユリは名前のごとく鹿の子のまだら模様が
花弁に見られます。
江戸時代にシーボルトが欧州に持ち帰ったのが
このユリでした。


この記事へのトラックバックURL

http://john.mediacat-blog.jp/t123661
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい