2018年02月25日

緋連雀

古くは平安時代から連雀と呼ばれて
多くの人に好かれていたようです。
鈴のような鳴声がいにしえの人に
好まれたのでしょう。
カメラを構えていたときに数度も
我が方にそれこそ50cm以内に
飛んできましたが、その姿は全身まさに
緋色でした。



この記事へのトラックバックURL

http://john.mediacat-blog.jp/t127291
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい