2010年09月17日

パイプオルガン

東京目黒にあります、聖パウロ教会のパイプオルガン。



9月16日は世界的オルガン製作者辻宏氏の帰天5年記念コンサートがこの教会で開催されました。

パイプオルガンは<楽器の王様>と称され、歴史は紀元前に遡ります。

我が国で初めて歴史的制作法に従い建造された本格的教会オルガンです。

当日は辻氏と親交の有った池田理代子女史(劇画家、声楽家)がソプラノを村田孝高氏がバリトンをオルガニストはベラッテイ氏と多彩なメンバーでクラシックから日本の童謡までを荘厳且つ優雅なパイプオルガンの音色と共に夕べを過ごしました。



このコンサートは日本ALS(筋萎縮性側策硬化症)研究基金のためのチャリテイコンサートでした。

辻氏の遺影の前の花は当日出席予定されていました皇后陛下からの献花です。


この記事へのトラックバックURL

http://john.mediacat-blog.jp/t57853
上の画像に書かれている文字を入力して下さい