2013年01月18日

長町武家屋敷跡


土塀と石畳の路地が続いており、加賀藩政時代の情緒

ある雰囲気を味わう事が出来ます。

夜8時を過ぎており,実際は真っ暗でしたがISO感度をかなり

上げましたので画像が荒れています。





塀には藁を編んだ”こもかけ”が見られます。これは初冬の金沢の


風物詩でもあります。土塀を雪と凍結から守る工夫です。







この記事へのトラックバックURL

http://john.mediacat-blog.jp/t86890
上の画像に書かれている文字を入力して下さい