2016年09月25日

オミナエシ

秋の七草の一つである女郎花の学名の
patriniaは18世紀のフランスの鉱山学者の名前が
由来です。
おみなは女の意、えしは圧の意ですから、美女をも圧倒する美しさから
きたようです。
ちなみにオトコエシ(男郎花)は白い花です。



この記事へのトラックバックURL

http://john.mediacat-blog.jp/t118770
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい