2018年11月16日

山寺

松尾芭蕉がこの地を訪れてはや329年。
川べりからこの山寺を見上げるといくつかの
岩肌が見られます。
デイサイト擬灰岩と言われ、そそり立つ急崖の
表面にタフォニ(雲形侵食)が発達し、虫食い
状の特異な景観を作っています。



この記事へのトラックバックURL

http://john.mediacat-blog.jp/t131756
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい